<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |



1週間たったので、こものオシリのオデキを診せに、またまたみなとよこはま動物病院へ行ってまいりました


あれから3日目くらいですでに薬も効いて小さくなってきて、「もうほとんどしこりみたいなのは無くなったな〜」なんて思っていたのですが、素人判断はコワイのでちゃんとまた院長先生に診てもらいました



土曜日とあって、さすがにこないだのようにガラガラってわけにはいかず、結構待たされました



あまりに長いので、こもさん




変な格好で日向ぼっこを始める・・・・



へりみたいなところにあごを乗せたいらしいのですが、ちょっと高すぎて高さが合っていないみたいだったけど、ずっとこの状態でした(笑)



なんか、物乞いのポーズみたい




ママ、なに撮ってるでしゅかっっ




ハイ、すんません。

ヒマだったもんでついつい・・・・




ようやく順番が回ってきて診察していただくと、まだすこーしだけ、芯みたいなのが残っていたみたいで・・・


やっぱし素人判断せんで良かったー


でもそれは悪い腫瘍とかじゃなくて、あと少しで治るものだろうから、もう薬もナシでオッケーで、念のため2週間後にまた診せに行くことになりました。


う〜む。今日で終わると思っていたが・・・


今はがっくんがいるので身軽に動けないので色々またいつ行くかスケジュールを組みたいと思います。



ちなみにレーザーを久々にやっていこうとしたのですが、



「でも今足も見たけど、状態かなり良いですよ」



と、うれしいことを言っていただけたので、レーザーはやらなくて大丈夫でした〜



あ、ちなみに院長先生はゴッドハンドなので、色々触診で分かってしまうのです

今回はオシリのオデキのことで行ったのに、何も言わなくても足の状態とか、色々触って診てくださいます

とってもありがたいです



そんなワケで、待ち時間はありましたが、有意義な診察で飼い主もほっとして帰ってきました


次回は完全に治ってますように・・・

 にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜
クリックで応援、どうぞよろしくお願いします

| 病院・病気 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
※本日文のみです。


先日。


こものお尻らへんを触ったら、なんかポコッとしてる。


ん?と思ってよく見てみると、肛門のすぐ右横にしこりみたいな硬いものがある。


肛門の左側にはない。



本人は痛がったり気にしたりしてる様子はないけど、硬いし、そこそこ大きいし、もしかして腫瘍!?と急に不安に…


もんもんとしながら、次の日にみなとよこはま動物病院に行ってきました。


おかげさまで超久々に来るこの病院。


私がこものリハビリとかで通っている時は激混みでしたが、幸いこの日はガラガラ〜って感じで、すぐ順番が回ってきました。



ドキドキしながら診ていただくと…



先生が指で絞ると、ニュルニュルと茶色いものが。



ウ○チではありません、肛門腺にたまっていたものが、普通液体だけど固まって固形になっていたのです



そう言えば、お恥ずかしながらこもの肛門腺絞りはしばらくやってなかった…


いつもたまると気にしてお尻をズリズリするのですが、最近はずってやってなかったから、自然に出ているものだと思い込んでいたんです


結局、固くなっちゃってるからむやみに指で絞ると負担がかかるため、薬剤を入れて柔らかくしながら出すことに。


こもを預けてしばらくすると処置が終わった呼ばれました。


すると、中はきれいになったけど、その周辺がバイキンで炎症をおこしていて腫れていたそう。


だからまだポコッとしてるのは残っていて、どうやらオデキの出来かけみたいな状態らしい。


薬を1週間飲ませて腫れがなくなれば問題なし。

小さくならなかったら腫瘍の可能性もあり…とのことでした。


でも1日薬飲んで1日寝たら、オデキさんは少し小さくなっていたので、おそらく大丈夫そう。


一週間後にまた診せに言って一応判断してもらう感じです。


いやぁ、腫瘍だと思ってもんもんとしたら、ただのお手入れ不足だったという情けない結果でした。


でももっとひどくなる前で良かった〜



今は腫れが邪魔して痛いからウンチをすんなり出来てないはずで、便秘の状態ということですが、確かにここ最近、うさぎのウンチみたいにコロコロなのが続いてました。


それがサインだったのにすぐ気付いてあげられず、反省です。


しゃべれないからちょっとしたサインを見逃さないようにせねば、と思いました〜





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜
クリックで応援、どうぞよろしくお願いします




| 病院・病気 | 07:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |


連休中、こももとうり太のフィラリア検査に行ってきました


今まで、



こもも関節のことでずっとお世話になっているみなとよこはま動物病院

うり太うり太が産まれたご近所の動物病院




と、こもとうりで通う病院が違っていたのですが、フィラリアとか共通のものは分けてたら面倒

なので、こもの関節の状態チェックもしてもらいたかったので、2ブヒまとめてみなとよこはま動

物病院へ行ってきました



うり太は初のみなとよこはま病院。


採血も、多少こわがってはいましたが、子犬の時のような悲鳴を上げることもなく、おとなしく採血されてました〜


フィラリア検査は2ブヒとも陰性で問題ナシ

2匹分の7か月分のフィラリアのお薬をいただきました。



それと、それぞれ気になっているところを診察してもらうことに。

こもはすっかりリハビリ卒業してからご無沙汰だったので、関節や筋肉の状態をチェックしていただきました


結果は


「全く問題なし。筋肉もバッチリついてます」


とのお墨付きをいただきました



当然でしゅっ

(↑実家の事務所に連れていった時に私の上で休憩中のこもさん)



そしてうり太。


健康体の彼ですが、ひとつ気になることが。


こないだもどこかで書きましたが、うり太くん、足の爪を擦って歩いているらしく、歩いてるだけで爪から出血してしまいます。



ちょっとボケてますが・・・・


薬指だけ爪が短いのがわかるでしょうか??


両足の前足の薬指だけ、擦ってしまって出血することがよくあります。。。


これを相談すると



「おそらく犬種的にも、首に近いほうに奇形があって、それが前足を使いにくくしているんだと思います」


とのこと。


ホームドクターで以前レントゲンを撮ってもらったとき、フレンチにしてはキレイな関節や背骨だったけど、確かに2箇所だけ、上のほうに台形の奇形がありました。


それが前足を動かす神経を邪魔してをちゃんと足を上げて歩くのをやりにくくしてるのかも。。


奇形からのことはあまり考えたことがなかったから、ああ、そういう原因もあるか〜と思いました


ただ、全く今のところ生活に支障もないし、健康そのものなので特に治療をしなきゃいけないとか、こものようにリハビリが必要ということは全くなく、そのままで大丈夫だそう


出血をした時のために止血剤だけ出してもらいました。



そんなワケで無事気になっていた事も解決し、病院終了


おつかれさんでした〜

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜
現在、
第4位
ありがとうございます
ひきつづきクリックで応援、どうぞよろしくお願いします

| 病院・病気 | 20:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |


昨日、うり太の去勢手術から1週間ちょっとたったので、抜糸に行ってまいりました


前日・・・



うり太くん・・・




テーブルに足引っ掛けて、おっぴろげ〜状態で寝てました(笑)



もうすっかり痛くもかゆくもないみたいです



病院に到着し、抜糸するのにものすごいブルブル震えるうり太

よっぽど病院が苦手みたいですが、震えるだけで、おとなしく暴れずいい子にしててくれるようになりました



こんな感じでキレイにくっつき、目立ちません(ドアップでなんかすみません



「全然舐めてないね。バッチリバッチリ」と先生からも言ってもらえました〜



抜糸した後、久し振りに公園で思いっきりボール遊びしました



 つ、つかれたど〜〜〜




病院での緊張と久々のボール遊びではしゃぎ、お疲れの様子


うりちゃん、おつかれさまでした



なんか今日はうり太のオマタの写真だらけになってしまった・・・・



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜
現在、第3位
ありがとうございます
ひきつづきクリックで応援、どうぞよろしくお願いします
| 病院・病気 | 13:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
突然ですが、明日、うり太去勢手術を受けることになっています。

突然、といっても私やこもパパの中では6か月を過ぎたあたりからどうしようかな〜ってずっと考えてましたうずまき


こもが子宮摘出してるからうり太は取らなくてもいい気もするし、でもうり太の種で子供を残すつもりも無いし・・・・ムニョムニョ

色々考えれば考えるほどメリットとデメリットがごちゃごちゃに汗


でも最終的には色んな方に相談したり、こもパパと話し合い、去勢手術を受けることに決めましたひらめき


去勢手術に関しては人によって賛否両論あるかと思うので、あまり詳しく書きませんが、一番の目的はやっぱりオスならではの病気の予防というところです。


先日、手術のための事前検査に行ってきました。

簡単な健康診断と、血液検査。

それと検査内容にはありませんでしたが、フレンチブルドッグという犬種がら、気になるのでレントゲンを撮ってもらいました。


こももの場合、7か月で避妊手術する予定だったところに奇形が見つかり、麻酔などの神経障害が危ないので無理に避妊しないで行く方向にしたんです。

(結局、卵巣に膿がたまってこないだ摘出手術を行うことになりましたが、大人になって、リハビリで筋肉とか付けた後でよかったと思います)



うりちゃん、見た感じは丈夫そうだけど、骨はどんな感じだろ??



すっごい見づらいですが・・・・あせあせ


胸椎が2か所だけ他の骨より小さいところがありましたが、それはフレンチならむしろ良い方。

それ以外の背骨はキレイで、数もちゃんと合っていましたぴかぴか



股関節ひらめき


ほぼ左右対称で、キレイな股関節です、とのお墨付きを先生にいただきましたヤッタv拍手

奇形の多いフレンチブルドッグなのに、かなり優秀な骨ですぴかぴか

柚子ちゃん(うり太のママ)、丈夫に産んでくれて、ありがとうメソメソぴかぴか


あとは麻酔の心配ですが・・・・


背骨の奇形もとくに目立つところはなかったし、血液検査も正常でしたグッド



あとはなんといっても鼻がデカいっ鼻ぴかぴか


これがかなり安心材料ですポッ



うり太の生命力の強さは、生まれてからずっと見てきてるしウィンク


必ず無事に帰ってくると信じてます!!
(こもの時は奇形はあるわ、小さいわ、鼻も低めだわでちょっと不安だったけど汗



ちなみに・・・・

明日は13日の金曜日 Docomo_kao20  

ギャ〜〜〜不吉っあせあせ そんな日に手術汗!?

と思うかもしれませんが・・・



うり太くん、誕生日が6月13日の金曜日なのです(笑)

なのでちょうど8か月で去勢ということになります。


最初生まれてくるときも13日の金曜日かぁ〜汗なんてコテままさんと言ってましたが、いざ生まれたらみんなちゃんと生まれてきたし、今もみんな健康に育ってるので、逆に縁起がいいということかもしれませんポッ


13日の金曜日にご縁があるのね〜ひらめき



コチラ、見おさめでございます・・・


明日手術して、あさって迎えに行く予定です自動車

早く無事終わってくれ〜〜〜おねがい!!


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜さくらんぼ!!
現在、第3位びっくり!!
ありがとうございますぴかぴか
ひきつづきクリックご協力よろしくお願いします!!


| 病院・病気 | 14:10 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
今日はうり太くん、妹のむつ子ちゃん(コテまま家)と一緒に狂犬病ワクチンを打ちに行ってきました病院


前回までのワクチンは2回とも逃げ惑い、ギャーギャー泣き叫んでいたうり太くんあせあせ


さて今回はどうなるか!?



もはや診察台が大の苦手となったうり太。




押さえてないと診察台から落っこっちゃうほどの逃げ腰ひやひや汗



なんとも情けな〜い姿でしたが



なんと今回は、検温・注射ともに、叫ばずおとなしく受けておりました〜〜〜楽しい拍手



ただし、かなり逃げ腰のへっぴり腰でしたが(笑)たらーっ



でも泣き叫んでいた前回までと比べて、かなりの進歩ぴかぴか


エライぞうり坊ムード




ふぅ〜〜いつまでたっても慣れないんだど・・・きのこブルー


感情が全部表情に表れちゃってますよ・・・たらーっあせあせ



お次はむっちゃんかわいい

前回までと同様、おとなしく受けてまして、おりこうちゃんですグッドぴかぴか


でも



こ、こわいでち汗


あまり来たことのない場所が苦手らしく、ずっとカタカタ震えてましたニョロ



むっちゃんもおつかれさま〜温泉




ちなみにうり太の体重は7.5キロまで増えてましたびっくり!!


いよいよ5ヶ月にして、こもの体重まであと500グラムと差し迫ってまいりました冷や汗汗


こもの体重を越すのはもう時間の問題たらーっ


わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい、って感じですポッ
(↑どこかで聞いたことのあるフレーズ)



※※※※※※ お ま け だ よ ※※※※※※



病院が終わったあと、お互いブヒを家に置き、またまたカゴ&リース作りをしてきましたラブ


今回はかなり近所の、コテままさん行き着けのツル採取場所へ案内していただきました〜ジョギングジョギング



全く手入れされておらず、ツル伸び放題びっくり!!


私にはこれがもはやぴかぴか『宝の山』ぴかぴかに見えて仕方がありませぬ・・・



そりゃ病気だ、とコテままさんに笑われつつ・・・たらーっ




あっという間に採れるわ採れるわ!!(しかしほとんどコテままさんがサクサク採った汗



今回はちゃんとしたカゴの編み方をコテままさんから教えていただきつつ・・・



こんなのが出来ました〜〜拍手


真ん中の丸い平たいカゴは、私が編みましたラブラブるんるん

パンとかじゃがいもとか入れようラブ

右のはリース台で、右下のはキャンドルスタンドムード

左下のは、コテままさんの大きめの力作のカゴですグー!!

(缶のゴミ入れっぱなしでしかも真上から写してしまって分かりづらいのでコチラ←をクリックするとコテままさん作のキレイなカゴが見れます〜グッド



帰ってきて、とりあえずキャンドルスタンドを飾ってみましたよムード



じゃじゃ〜〜〜〜んぴかぴか


昔買ったタルト型のキャンドルやら、コテままさんに頂いたくるみの殻のキャンドルやらを乗せて、こないだ買ったドライフラワーを回りに差し込みました〜わーいムード


コテままさんに教えてもらってから、すっかりこのプライスレスでしかも手作り出来る楽しさにハマってしまったワタクシあせあせあせあせあせあせ


この病気はしばらく続きそうです・・・たらーっ汗



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜さくらんぼ!!
現在、第3位びっくり!!
ありがとうございますぴかぴか
引き続き応援クリックいただけたらうれしいですかわいい


| 病院・病気 | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
今日はコテままさん家のむつ子ちゃん(うり太と同胎の妹)と一緒に、最後のワクチンを接種しに病院へ行ってきました病院


前回検温・注射、ともに兄弟の中で一人だけ「ギャ〜〜〜〜!!という雄たけびをあげたうり太氏あせあせ

今回も・・・・言うだろうね猫2



まだ慣れていない車のシートも落ち着かないらしくクゥ〜ンクゥ〜ンと鳴き、


むつ子ちゃんが現れて遊びたいけど自由がきかない(シートの中の飛び出し防止のヒモを首輪につながれてる)から「キャウゥ〜〜〜ン」と鳴き・・・・


おうちの中では大分聞き分けもよくおりこうちゃんになってきたのですが、外の慣れてない世界ではまだまだ興奮を抑えきれないみたいです汗



初めてのことは苦手なんだど・・・プシュー



そして先にうり太が検温・注射どんっ

診察台にあがったとたんに腰が引けて、高いところなのに平気で逃げようとする始末。。ひやひや


検温ではやっぱり



「キャウキャウキャウキャウ〜〜〜〜!!


とオーバーリアクションあせあせあせあせあせあせ


でも注射は前回と違って、鳴かずに終了しました拍手(でも終わったあとにナゼかちょっと鳴いてた)



怖かったんだど〜〜〜痛かったんだど〜〜〜地獄だったど〜〜〜〜!!(←必死の訴え)


・・・早くなれてくれ・・・・頼む・・・・[:ふぅ〜ん:](切なる願い)


そしてむっちゃん。




特に鳴いたり逃げようとしたりすることなく、順調に終了ぴかぴか


同じ腹から出てきてこうも違うもんかいな!?

しかもさんざん怖がっていたくせに、お会計待ってる間、他のワンコが入ってくるたびに遊ぼうとして放せ放せと暴れだし・・・・ちっプシュー



このせわしなさ、オトナになったら落ち着くのだろうか・・・???




帰ってきたうり太氏は



疲れたらしく(精神的に)、ぐったり。。。撃沈



今日は一日安静です温泉

あと2日くらいたったら、いよいよ散歩デビュー出来ますよつばのクローバー

不安やら楽しみやら、ですおはな


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜さくらんぼ!!
ななななんと現在、第3位びっくり!!
ありがとうございますぴかぴか
引き続き応援クリックいただけたらうれしいですかわいい

| 病院・病気 | 14:05 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
みなさん、またしても沢山のメッセージありがとうございます悲しい

不安や心配、手術が無事終わってほっとしているのは私たち夫婦だけじゃないんだなぁと、とっても元気付けられましたぴかぴか



今朝おきた時のこもです。


心配していた歩行も普通に出来、全く問題ナシで、一安心で元気に帰ってきました拍手

本当に心配してくださった方々、ありがとうございました〜かわいい



昨日は携帯からだったから書けなかったことを書こうと思いマス〜ひらめき



鈍感なワタシなので、実は手術の前日とかはまだ実感が湧かなくて、心配だけどまだどこかリアリティがないというか・・・あせあせ

そんな感じで迎えた手術当日。


手術のため、前もって点滴を始めたり、いろんなお薬入りの注射を打ったりしてるとき、突然現実味が出たというか・・・冷や汗

急にものすごく不安になってきました汗


そして、いよいよ麻酔ショック


「短頭種ですし、気を失うまでそばにいてあげてください」


と言われました。

麻酔に関してお恥ずかしながらほとんど無知だった私は、だんだん自然に眠っていくように麻酔がかかっていくんだと勝手に想像して思っていました。


そしたら、麻酔を入れた数秒後、こもがグデンと床に倒れて、白目になり、舌がいつもの3倍くらいの長さでベロ〜ンと出て・・・冷や汗あせあせ

すごくビックリして動揺!!


その後、口の中に管を入れられてるのを見てたら勝手に泣いてました悲しい


麻酔がちゃんとかかっただけなんですけど、あまりの想像とのギャップに驚いてしまって・・・撃沈

その後準備が出来るまで待合室のほうで待っていたのですが、泣いている私を心配そうに見ているほかの患者さんたちひやひや


実際は、麻酔をかけただけなんですけどね・・・たらーっ


そして準備が出来、呼ばれました。

みなとよこはま動物病院は、言ってみれば手術も『飼い主さん参加型』ひらめき


手術室は全部ガラスで見えるようになってるし、それに・・・



手術の経過をモニターで見れるのですびっくり!!


↑ちょっとリアルすぎるところは隠しましたが。



意外とこっちのほうは冷静に見れるもんなんですよ〜。

不思議なもんですひらめき



そして30分から40分で無事手術終了拍手!!


院長先生がこもの子宮卵巣を持ってきてくれました。

すると



「右側の卵巣に卵巣嚢種(のうしゅ)が出来てたみたいです。それがバランスを崩して子宮が普通の子よりかなり太くなってました」


とのことびっくり!!


実際見せてもらうと、左側の卵巣は白っぽくて小さいのですが、右側は2まわりくらいそれより大きく、さらに中に黒いプツプツが透けて見えるのです冷や汗


そのプツプツが嚢種で、まだ軽度だったものの悪さをしていたらしく、子宮にも影響を与えて太くなっていたらしいのです爆弾

子宮の膿も出血もどうやらこのせいで引き起こされていたようなのですしょんぼり





今のタイミングで取っておいてよかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
泣き顔汗汗





ほっておいたら近い将来、子宮肥大や子宮蓄膿症とか、もっとヒドイ卵巣嚢種になっていたことでしょう。。冷や汗


おなか開いてみなきゃ分からないことだけど、今回は本当に手術を決断して良かった!!という結果になりましたぴかぴか



そしてその後、昨日の写真のような麻酔から覚醒したこもとご対面できましたニコニコ


そしてそのまま病院に泊まったワタクシ。。病院

しかし、私がずっと目の前にいて、トイレとかに席を外すと、起きてしまうこも。



置いてかれちゃうでしゅ・・・・汗



私がいることによって逆になかなか寝ないこもさんひやひや

逆に、こも以外の子はみんな寝ているという状態あせあせ

むしろ家に帰ったほうが諦めてぐっすり寝れたかな汗?とふと思いましたたらーっ




ちなみにお泊りの飼い主は私一人・・・冷や汗(他にもいると思ってたのにー泣き顔

こものほかにも入院中のワンコや猫ちゃんたちがいる中、



簡易ベッドを貸してくれました(けっこうデカい。)



夜中になると消灯してしまうので、ベッドで寝るものの、こもがなかなか寝ないし、私ももちろん熟睡など出来るはずもなく。


「ピー」っとどこかで点滴が鳴ると、その音で起きてしまい、「鳴ってますよー」っと夜勤の先生を呼びに行き、はたまた食事制限でハラペコの猫ちゃんが自分のしたウンチを食べそうになってしまい、慌てて「すいませ〜ん、あそこの猫ちゃんが!!」とまた先生を呼びに行き・・・ジョギング汗



何やってんだろ、私・・・・・たらーっ



って感じでしたが、貴重な体験ではありましたぴかぴか


診察時間外でも先生たちは夜10時まで結構残っていたり、朝は7時くらいには集まってくるし、動物の命を預かるお仕事って大変だな〜と一晩中いて、実感ノーノーぴかぴか


でもそのおかげでこもも病気を治せるわけで、本当に、感謝感謝の一言ですポロリぴかぴか

途中から先生たちが神様に見えてきましたよ・・・・ぴかぴか



てな感じで一日入院が終了し、帰ってきたこもはさすがに疲れているから(というかあんまり寝てなかったしね)、ほとんど今までずっと寝ています眠たい



遊び盛り、やんちゃ盛りのうり太がいるので、安静にしてなきゃいけないこもとの生活が大変ですが、こもの抜糸まではがんばらなくちゃ〜〜〜グー!!




長文におつきあい頂きありがとうございましたラブ

そしてコメントのお返しできていない方、すみませんショック

明日返します〜〜メールピンク


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜さくらんぼ!!
ななななんと現在、第2位びっくり!!
ありがとうございますぴかぴか
引き続き応援クリックいただけたらうれしいですかわいい



| 病院・病気 | 00:28 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日、「出血おさまったかな?」と、こもの陰部を触ってみると、白く濁った膿のようなものがプチュッと出てきました下向き


血がおさまって膿が出たとなると悪化してるのか汗?と心配になり、今日は朝からみなとよこはま動物病院に行ってきたわけです病院



あまりに混んでいて先ほど病院から思わず投稿してしまいました汗


朝8時に到着して、駐車場は確保できたものの、名前が呼ばれたのは結局お昼12時ちょっと前くらい冷や汗



あまりに待ちくたびれましたが、名医である院長先生を指名したので、まぁこのくらいは仕方のないこと・・・ムニョムニョ



てっきりまた関節の事で来たと思われましたが、膿を見て「んっ!?」て感じでプレパラートのようなものに膿を採り、顕微鏡(?)で見てもらったところ・・・



どうやら膿の成分が「バイキンだらけ」らしい下向き



その後エコーもやっていただきましたが、そこまでキケンで重い蓄膿症とかにかかってるわけではありませんが、少しだけ膿がたまってるような黒いものがうつりました。



若い頃のこういう膿は、排卵しきれなかった卵巣に膿がたまったりするらしいです。



そして遅かれ早かれ、「避妊手術」で子宮・卵巣を取ったほうがいいと言われました。



みなとよこはま動物病院は、「基本、避妊手術はおすすめしない」病院なんです。




それなのに院長先生の取ったほうがいいという言葉はかなり信頼できるものだと思います。


そして手術するのであれば、2回目と3回目のヒートの間なら、病気の発症率が25%に抑えられるというので(3回目以降はいつやっても50%まであがってしまうそうです)、来月のあたまにでもお願いすることになりそうです。




とりあえずは1週間、抗生剤で膿を引かせて、大丈夫であれば手術できるかどうかの検査をし、その後手術になります。



避妊手術をしたあとはホルモンバランスも崩れるし、こもは神経系や関節系への悪影響があるんじゃないか?という心配もありました。



確かにまた歩きにくくなったりという影響がある可能性もありますが、術前と何も変わらない子も多いそうです。



まあ、そうならないように万全を尽くしていただける、信頼できる院長先生が執刀してくださるということですし、もし影響があってもまたリハビリなどでサポートします、ということでした。




究極を言えば、「関節では死なないけど、子宮蓄膿症などの病気はへたすると死んでしまう」




関節への悪影響の可能性と、このまま何もせずに蓄膿症になってしまう(しかもこっちのほうがなる可能性が高い)のを天秤にかけると、やはり今避妊手術をするほうが、いい選択だろうと、私自身も納得できました。



何もせずに蓄膿症になってから手術を行うという選択もありますが、その時がすでに麻酔や手術に耐えられない年齢だったりすると出来ないし、前もって気づければいいけど、気づかずに放置してタイミングが遅れると子宮内で膿がたまってパンパンになり、破裂して死んでしまうそうです困惑



こもが前回、今回とヒートの後に同じように3ヵ月後に不正出血を起こしてしまうのは、環境の変化のせいというよりは『体質』でしょう、とのこと。



なので3回目のヒートの後また様子をみようと思っていましたが、また繰り返す可能性が高いし、どんどんこもの体に負担がかかってしまいます。





しかも3回目のヒートが来てしまうと病気の発症率も上がってしまうし、時期的に梅雨とか夏場に手術をすることになってしまいます。



それよりは発症率も低いうちの、涼しいこの秋で手術するのが適切だということになりましたひらめき



まだ若いので術後の回復力もあるときのほうがいいだろうし。。



ホルモン剤とかで、ヒートの後でも不正出血が起こらなくするようにバランスを整えるような体質改善は出来ないんですか??と聞いてみましたが、



「体質改善と一言でいっても1,2年はかかるだろうし、その間にこももの体がボロボロになってしまうと思いますよ」



ということでした。



その間に子宮系の重い病気にかかったりする可能性もありますし、改善される、という絶対の保証もないですしね。。




てなわけで、ダラダラと書いてしまい、意味分からないところもあったかもしれないですが、すみません・・・



今日聞いてきたことを忘れないうちに書き留めておこうと思って、ちょっと殴り書きみたいになってると思いますあせあせ



でも今日色々質問して、悩みは消えました。



ワタシ一人では、避妊手術をしたほうがいいのか悪いのか、判断が出来なかったので、気持ち的にはスッキリしていますぴかぴか



リハビリの時からいつも担当してくださっている先生も



「こももが僕の犬だったとしたら・・・やっぱり出来るうちに早々にやってしまうと思いますね」


と言ってました。


避妊反対な病院だし、金儲けより犬の健康のことを一番に考えている病院です。


そしてこもの事もいつも可愛がってくださっている先生です。




疑問に思うことを全部聞いたのですが、丁寧に親身になって答えてくださり、とっても感謝しています。



麻酔などの不安ももちろんありますが、名医である院長先生が執刀してくださるので、これ以上信頼できる先生はいません。




まあまだいつになるかは分かりませんが、来月あたまくらいの予定にしておいて、こもの体調を万全に整えることに専念したいと思います。




今日は・・・疲れましゅたねぇ・・・



こも、おつかれさま。

もう一息、一緒に頑張ろうね!!



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜さくらんぼ!!
現在、第2位ですびっくり!!ビックリ〜びっくり本当にありがとうございますぴかぴかひきつづき貴重な1クリックどうぞご協力よろしくお願いしますよつばのクローバー




| 病院・病気 | 20:28 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
おとといくらいから、陰部から不正出血が始まってしまったこもしょんぼり


今日はそんなこもを診てもらいに、病院へ行ってきました病院
文字ばっかしなので、スルーする方はしちゃってください。


まずレントゲンエコーをとってもらいました。


見た感じ、蓄膿症とかではなさそうだから大丈夫だと思うけど・・・と先生に言われましたが、心配症なので、レントゲンとエコーもやってくださいとお願いしました汗


その結果、膿のような黒いものも、腫瘍なようなものも全く見当たらず、子宮蓄膿症ガンのような重い病気ではないことが分かり、ホッと一安心=3


その代わり、子宮のところに「線」がエコーで見えましたひらめき
これは子宮の壁というか、内膜
炎症を起こしていると白くエコーにくっきり映るそうです。


子宮の太さも計ったら1センチ弱ひらめき
普通の状態だとうどんくらいの太さらしいのですが、こもは1センチの太さになっていました。


これはヒートが来たりするとこのくらい太くなるものらしいです。
なのでこもは発情に非常に近い状態になっているということでした。



結局今回の不正出血もおそらくホルモンのバランスが崩れたことによる子宮内膜炎でしょう、とのこと。



大きな病気というわけではないし、炎症も軽いので今回は消炎剤抗生剤の飲み薬で抑えることになりました薬



3,4日で出血もおさまるはずでしょう、とのこと。




それにしても、こうなった原因がいろいろ考えられてナゾですしょんぼり汗



前回初ヒートnextnext3ヵ月後、不正出血


今回2回目ヒートnextnext3ヵ月後、不正出血




って感じなので、もうこもの体のホルモンバランスがこういうサイクルになっちゃって
いるのか???はたまた




前回初ヒートnextnext偽妊娠nextnext不正出血


今回2回目ヒートnextnextうり太が来たnextnext不正出血




なので、今回うり太が来て、こもの「母性」が刺激されて、たまたま前回と同じ時期に同じ状況になったのか??

最近うり太を見る目が変わった気がするんだよな〜・・・猫2




それともただ単に、うり太が来たことにより、生活のサイクルや、ママを取られたりなどの環境の変化に対するストレスが原因なのか・・・???



そこんとこはこもに聞いてみないと分からないところですショック汗




そして今回は飲み薬で抑えるのですが、今後またヒートがくる度に子宮内膜炎が起こったりして不正出血が出るような場合、こもの体自体に負担がかかってしまうのは事実です。



なので




 “鯒ゼ蟒僂鬚垢


◆“情を抑える薬を体に入れる


 何もせず、不正出血のたびに病院で飲み薬を飲ませる



このいずれかの選択をさせられることになりそうです[:がく〜:]



“鯒ゼ蟒


メリット・・・卵巣・子宮の病気が抑えられる。内膜炎などの炎症の心配がなくなる。


デメリット・・・全身麻酔を打たなければならない。それと術後、太りやすくなるから体重管理をしなくてはならない。(こもは足が悪いので体重増加は避けたい)それと術後に調子がガクっと下がった時に、また神経系や関節に悪い影響を及ぼしそうで心配。




¬瑤鯑れる(これはあまり聞いたことがありませんが、首のところに薬をいれこみ、発情を約2年起きないようにするものらしいです。)



メリット・・・局部麻酔で済む。子宮・卵巣は残るので、何も体調が変化せずにすむ。(今のところ先生の経験では副作用や異常が出ている子はいない。)



デメリット・・・約2年に1度、必ず薬を換えなければならない。発情はおさえられるが、卵巣・子宮の病気自体は防げない。





2燭發靴覆



メリット・・・今までどおりに何も変化がないこと。



デメリット・・・不正出血が起きるたびに病院に行き、エコーなどの検査をいちいちしてもらわなくてはならないし、炎症が起こるたびにこもに負担がかかる。抗生剤などの飲み薬自体も若干負担がかかる。




というわけなんです困惑(分かりづらかったらすみません)



△量瑤鬚い譴海燹△箸いΔ里録祐屬ピルを飲み続けるのと同じなので、あまりいいとは思えないのですが・・・今まで数十頭やってきた中で異常が起きた子はゼロだそう。


中間策の苦肉の策、らしいです。




避妊手術も決断しがたいです。。。下向き
麻酔がコワイのももちろんありますが、こもの場合関節のことがあるので術後の崩れが非常に心配です泣き顔




まあ、今は焦って決断しなくてはいけないことではないので、今回は飲み薬で抑えることに。。




たまたま今回は前回と同じような状況だったから不正出血が起こったのかもしれないので、うり太との生活に慣れてくれれば、3回目のヒートの後は何事もないかもしれません。



いち早くうり太との生活に慣れてもらうことが一番ですよね。。しょんぼり





あとは3回目のヒートの3ヵ月後、また同じように不正出血が起こらないか注意して見ていないといけません。



そしてもし不正出血が起こった場合は上の 銑のどれかの選択をしなくては・・・冷や汗




とにかく今回は早く炎症をおさえることと、こもへの心のケアをしっかりしてあげようと思います温泉




長文にお付き合いいただき、ありがとうございました〜。



にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ←フレブルランキング参加中〜さくらんぼ!!
現在、第2位ですびっくり!!ビックリ〜びっくり本当にありがとうございますぴかぴかひきつづき貴重な1クリックどうぞご協力よろしくお願いしますよつばのクローバー




| 病院・病気 | 23:03 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |